コウモリランの衣替え

コウモリランの一種だと思う。

その変わり種なインパクトで、
オブジェ的な存在感でインテリアとして、

部屋に飾って育てようと、購入したもの。

 

案の定、なんかジャマになってきて、
ベランダへ移動してから早2年。

おそらく冬越できない観葉植物なのだけれど、
枯れることなく元気に成長しつづけてる。

どころか、
結構なポジションを陣どっている。

 

コウモリラン 1

 

こんなワイルドなコウモリラン、
幹や枝をもたない植物。

ヘゴ仕立てといって、
木片や板に固定させて根づかせる。

だから板につっくけて、
そのまま額のように壁に飾ったりとかもある。

まあ、わかりやすく言えば、
寄生樹といったところか。

そんな寄生的な容姿のたくましさが
好きだったのだけれど。

 

2年もすれば、ここまで大きくなるんだ、
というくらいにどんどん新しい芽が出ている。

おそらく買ったときは2株くらいの数だったはず。
今や上の写真を見ても、四方から飛び出ている。

 

そして、この植物のおもしろいのが、
根元というのかな、そこが茶色くなると成熟期。

決して茶色=枯れたということではなく、
茶色の状態がまあ健全な安定期ということ。

 

それでも、新しく成長していくためには、
新しい胞子?緑色で覆い出してくる。

年輪を重ねるというか、
皮膚が幾重にもあるように。

そんな感じなのだろうか。

 

コウモリラン 2

 

最初の写真も、
その新しいものが出始めた頃だったけど、

この写真はそれから2週間後くらい、
かなり茶色の部分が減ってきているのがわかる。

どんどん覆われ出している最中。

これが360度ぐるっと
ミドリのもので包んでしまうのである。

おそらく冬を迎える前に。
あと数週間もすれば。

 

ということで、
今年もこのワイルドなコウモリランは、

屋外で越冬してくれるだろうことが確定。

 

植物ってほんと不思議。

 


コメントを残す