オリヅルランの反逆

3号苗のオリヅルランを

買ったのが約1年前です。

 

とても丈夫なアタリ苗だったようで、

それから1ヶ月後には花をつけました。

 

オリヅルラン 花
オリヅルラン 花

こちら⇒オリヅルラン、花をつける。

 

陽あたり良好な

窓際に置いていたら

半年後には・・・

オリヅルラン 20161

 

結構広がってきました(^^;)

 

意を決して、

ベランダで育てることに(放置ともいう)。。

 

すると、花はどんどん付けるし、

たくましく成長していきました。

 

育てながら

はじめて知ったんですけど、

花のあとに子株にもなるんですね。

 

これまでは、

子株としてしか見たことなく

花が子株に変わるのは知りませんでした。

 

 

たくさん花をつけたもんだから、

こんな感じになってしまいました。

オリヅルラン 20162

花がら?が

すべて子株になったんですねー。

 

オリヅルラン 20163

 

 

これはもう放置できません(> <)

 

オリヅルラン・ボニー(クルクル)の

子株を増やしたばかりなのに。

 

屋外用、屋内用と、

いろんな鉢やポットを準備しました。

 

オリヅルラン 20164

なんかいい感じにも見えますけど、

これがどんどん成長しますからね。

 

オリヅルラン 20165

こう見ると、

なんか田植えみたいと思いながら

バスバス植えていきました。

 

オリヅルラン 20167

広くて浅い鉢にも

これ、10株くらい突き刺さってます(^^;)

 

オリヅルラン 20168

こちらは屋内用に

4号ポットに、基本に忠実に。

 

本当は、こんなふうに、

1株1株植え替えるのがまっとうです。

 

でも、そうすると、

鉢が足りないし、場所も足りないし。

 

丈夫な株だったので、

バスバス寄せ植え?田植え?したやつも

育ってくれるだろうと思っています(^^)

 

そして、育ちながら、

株分けしていけばOKかなと。

 

 

子株を剥ぎ取られた親株は、

オリヅルラン 201610

これでもスッキリしたんですよ。

最初の写真に比べたら。。

 

またどんどん花も子株も

つけていくんだろうなー。

 

 

そういえば、

こうやって植えた子株を

おすそ分けすることがあります。

 

そして、

とても元気に かつ 子株をつける

鉢に育っているようです。

 

やっぱり親株の生命力を

そのまま受け継いでいるんでしょうね(^^)

 


コメントを残す