モンステラの巨大化が強烈!?

屋外で育てているから。
これが結論。

 

育て始めて1年半くらいだろうか。
モンステラ。

買ってからすぐベランダで育てていた。

だから冬に弱いとわかっておきながら
そのまま放置。

案の定、冬は大きな葉すべてを枯らした。

 

だから花茎の根本からすべて切ったのです、冬。

 

そして裸の状態で冬を越え、
「これ、枝しか残ってないよね」
「葉が一枚もなくてまた咲くのだろうか」

なんて思いながら迎えた、春。

 

見事に新芽を出してくれました。

そしてその後も旺盛に成長しつづける、夏。

 

モンステラ 1

 

強烈に巨大化している。
そして広がり方が・・・ちょっとジャマ。

 

モンステラ 2

 

他の鉢植え植物たちと比べても一目瞭然。
あっ、咲き誇ったストレリチア・レギネ(極楽鳥花)も中央左。

これだけを見ても圧巻なのだけれど、
これが半年前には一枚も葉がなかった、ということが、

にわかに信じがたいくらいの大復活。

 

そしてねー、
モンステラは気根もまた旺盛で、
どんどん根を張ろうと茎からも出てくるのだけれど、

それがまたハンパナイ。

もう収拾ついてない具合が。

モンステラ 3

 

まだまだ成長するよ、と、
無言のアピールどころか、無言の圧力。

さて、この冬は葉を残して越えてくれるのでしょうか。

 

買った時期が7月くらいだったので、
その年(昨年)は冬越えできなかったわけで。

そこから復活しての、
屋外という環境で成長した葉っぱたちなので、

どうなるのでしょうか。

 

相変わらず、屋内で越冬させるつもりのない、秋。

その結果がおのずとわかるであろう、冬-2015-

 

というか、
こんなパラソルみたいなモンステラ、
部屋に入れれないでしょう。

 

やっぱり屋外で育てる植物は
日光、風、そして環境に強く丈夫に成長する。

観葉植物であっても。
うまく慣れさせていければ。

 


コメントを残す