オリヅルラン、花をつける。

シュッとしたスマートさ、
スラっとした涼しげさ。

気に入っている観葉植物のひとつ
オリヅルラン。

ただそういえば
今我が家にはオリヅルラン・ボニーという
一般的でははいカールがかった種類しかいない。

その成長との格闘は綴った。

こちら ⇒ オリヅルラン・ボニー

こちら ⇒ 春の植え替え~オリヅルラン・ボニー~

オリヅルラン・ボニー ライナー
オリヅルラン・ボニー ライナー

 

暖かくなったし、夏に向けて、
涼しさを準備しておくかと5月くらいに購入。

一般的なオリヅルラン。

3号苗の小さいものを買ったけれど、
今回のは思ったよりも元気。

成長が早い。

どんどん葉が大きくなるし、
ツルが1本伸び始めた。

どこまで伸びるんだろうと止まらない。

あれ?もう子株??

と思ってチラ見しながら観察していた日々。

スルッと伸びたその先は、
なんと花だった!

オリヅルラン 花 1

オリヅルラン 花 2

 

実はモサモサ感たっぷりのオリヅルラン・ボニーにも
今年花はついた。

なので初めての感動ではないのだけれど。

でもがんばって1本だけ伸びたその先に、
小さくて白い花をつけたオリヅルラン。

しかも買ってからまだ1ヶ月もたっていない新米さんの苗で。

 

これはなにかいい事があるんじゃないか、
ちょっとした御利益があるような気がしてくるから不思議。

 

バラの肥料を、
おかまいなしに観葉植物たちにもあげているからかなぁ、
とか現実的にも考えてみる。

10日に1度くらいのペースで、
液肥を水でうすめて、水やりとしてあげている。

もちろんジョウロはひとつしかない。
朝の水やりはなにもバラだけではない。

ということで、
同じ液肥入りの水やりをバラだけでなく、
他の花たちはもちろん、

本来必要のない?!
観葉植物たちにまで与えているからだろうか。

 

ちょうどこの季節、特に5月は植物たちの成長期。
それは花であっても観葉植物であっても。

このことも相まって、
真相のほどはわからない。

 

まあ、いいや。

夏になっても、照明をおとし気味で、
こんな感じで夕涼みを演出してほしいところ。

オリヅルラン 花 3


コメントを残す