花屋さんとのお付き合い

なじみにしている、
行きつけの花屋から電話があった。

「アイビー・ゼラニウムが入荷しましたよー」

そっか、入荷したら連絡ください、
そんなことを頼んでいたような気もする。

でも、今我が家のベランダは満員御礼。
とても置いてあげる場所がない。

置く場所はないことはないけれど、
日当たりなどを考えたら、
すくすく育つために飾ってあげれるスペースが。

 

「また天気のいい日にでも行きますねー」
とこたえた。

そうとしか思いつかなかった。

 

定期的に通っているせいか、
もう顔は覚えられている。

行くたびに声をかけられる。
マスターと呼ばれている店主のおじさんから。

「なにか困っていることはないですか?」
とニコニコと近寄ってくる日もあれば、

「今日は買う気満々で来たって感じだね」
とか言われる日もある。

たしかにその日はちょっとのぞこうというよりも、
お目当ての買いたいものがあって来ていた。

なんでわかったんだろう。

とても感じのいいおじさんで、
いつもお世話になっている。

 

挙句のはてには、

「今度バラの寄せ植え教室あるよ」と。

そう、バラを買っているのを知っているし、
育て方なんかを聞いたりしているから。

「うちのバラの葉っぱがほぼ落ちてしまって・・・」
「土の問題ですか?水?気温?」

とか、その都度困ったことを聞いている。

だからだろう。

 

でもまさか、ちょっとしたセミナーのような、
寄せ植え教室を案内されるとは思っていなかった。

月1-2回くらい、
いろいろなテーマで実施しているのは知っていた。

・多肉植物の寄せ植え
・アロマの作り方
・お手製の防虫液作成 etc…

 

どんな人が参加しているかって、
そりゃーやっぱり植物通か、奥様方だろう。

そんななかになかなかまじる勇気は、ない。

 

植物入荷の連絡もあったし、
ほかにも気になるものあるし、

近々なじみのガーデンショップに行きたいのだけれど。

バラの寄せ植え教室の開催日もせまっている。

なんて声かけられるだろう。

 


コメントを残す