春のバラ ~フォーエバー・シリーズ Vol.1~

昨年から気に入って育てているバラ。

四季咲き中輪バラの種類。
簡単に言うと、年間を通して咲いてくれる中型の花。

大きさも4号鉢くらいで出回っていて、
値段的にも大輪よりもお手頃ということもあって、

初心者には育てやすい。
狭いベランダでも広さや高さを気にしなくてすむ。

 

どうも調べていたら、
「ローズ・フォーエバー」というシリーズなのは知っていたが、
たくさん種類があることなどがわかった。

 

—————————————————————–
「ローズフォーエバー」は、デンマークで鉢花用に育種され、花形、開花性、コンパクト性に優れた丈夫で育てやすい四季咲中大輪バラのシリーズ。ヨーロッパでは大人気のポットローズです。花が大きく美しく、花弁が多くロマンティックな花ですが、樹形はコンパクト。小型の株に豪華な花が咲き、まるで花束のような存在感です。連続開花性に勝れ、真冬と真夏は花数が減りますが、春先から晩秋まで咲き続けます。育種家はローザ・エスケルトンさん。女性ならではのやさしい感性で作られた、注目の四季咲きバラです。このシリーズの品種には、それぞれ世界各国の都市名がつけられています。

RosesForever社が手がける今ヨーロッパでもっとも注目度の高いミニバラのブランドです。大きな特徴はミニバラでありながら、優雅で大輪の花をつけること。育種家のローザが情熱を注ぎ作り上げたフォーエバー。1996年に創立されたRosesForever社は、鉢バラの栽培と試作において18年以上の実績を誇るRosa Eskelund(ローザ・エスケラード)によって設立されたヨーロッパでも有数なナーセリーです。
—————————————————————–

 

この説明のとおりのバラ。

そして、今まで「フジサン」というバラを気に入っていた。
名前や季節ごとの花の色が変わるとこも魅力的で。

それは写真つきでたくさん紹介してきた。

こちら ⇒ フジサン!フジサン!フジサン!

こちら ⇒ バラ 「フジサン」

 

そして驚いたのが解説にあるとおり、
「このシリーズの品種には、それぞれ世界各国の都市名がつけられています。」

そう、種類がほかにもたくさんあった。

エストリル
エルパソ
グラース
フジサン
マースランド
マルセイユ
モスクワ
ニューヨーク
モンテカッシーノ
モンサローザ
サニービーチ
グリーンランド
ナポリ
バレッタ
セリビア

etc…

花房の大きさ、かたちなどもそれぞれに個性があって、
赤、ピンク、白、黄色、オレンジ など色彩の種類も豊か。

なんとも魅力的なシリーズ。

 

フジサンだけ、都市名ではないのだけど。
でもそちらのほうが風情があっていい。
「ニッポン」とか「トーキョー」とかネーミングされるよりも。

 

そのフォーエバーシリーズの種類の多さを知ってから、
春前から出回りだした苗たちを少しずつ集め育ててきた。

今我が家にいるバラたちは、
フジサン以外にも、

バラ マルセイユ

「マルセイユ」

バラ フォーエバー オレンジ1

バラ フォーエバー オレンジ2

ちょっとこのオレンジ色の種類がわからない。
買ってからすぐに名札をはずしてしまったみたい。


コメントを残す