ポトス・ステータス

ポトスの王様、「ポトス・ステータス」。

一般的に愛されているポトスの最高クラス。

葉が大きく、厚みがある。
丸みをおびていて、ウェーブしている。
斑というよりは、もうそれは芸術的模様な白。

ゴージャスで高級感のあるイメージから、
「ポトス・ステータス」と名付けられた、
ポトス・エンジョイからの改良品種。

もっとも美しく豪華なポトス。

 

これがなかなか市場に出回らない。
おそらく我が家のそれは夏前後に買った。

そしてまたほしいと思いながら、
それ以降パッタリ見かけなくなった。

見つけたらすぐに買ったほうがいい品種。

お値段も少し上級クラスだけれど、
庶民派ポトスに比べたらの範囲で。

ポトスステータス1

ポトスステータス2

 

苗で買って、だいぶん成長している。
よかった。

鉢もポトス・ステータスにふさわしいものをあげている。

キュー・ガーデンの鉢。

キュー・ガーデンとは、

キューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)はイギリスの首都ロンドン南西部のキューにある王立植物園。キュー植物園などとも呼ばれる。1759年に宮殿併設の庭園として始まり、今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有している。2003年にユネスコ世界遺産に登録された。
(ウィキペディアより)

 

そう、そんな由緒正しい世界遺産のガーデン公式の鉢。
中央の王冠マークが特徴。

実は、この鉢がふたつあって、
もうひとつは先日紹介したオリヅルラン・ボニーがいる。

そんな感じで、植物を趣味にすると、
周辺グッズにもまた凝りだしてしまう。

ほどほどに。

 


コメントを残す