フジサン!フジサン!フジサン!

元旦に富士山に登る。
初日の出が富士山からの御来光。

なんとも憧れる。

それはさておき、花の話。

昨年の秋に初めて見つけて、
思わず一目惚れしてしまった「バラ・フジサン」。

ショップにもそんなに多くは出回っていなかったので、
いくつかの苗を購入し育てている。

3-4号のポット苗に、結構な蕾をつける。
おそらく平均で5個以上は。

そして四季咲き中輪バラよろしく、
秋から冬にかけてもよく咲いている。

そんなフジサンを定期的におさめていたもの。
これでも厳選したのだけれど結構な枚数。

まったく興味のない人には、
全部同じに見えるだろう。

もちろん同じ花。

でも色合いや時間帯によっての日の当たり方で、
印象が変わってくる。

「フジサン」は、もともと気温・日光・紫外線に敏感で、
咲く花もホワイトからピンクまで変幻自在なのである。

そのことは前に書いた。
こちら ⇒ バラ 「フジサン」

写真におさめた時期を順番にペタペタ貼る。

バラ・フジサン11

バラ・フジサン12

バラ・フジサン13

バラ・フジサン14

バラ・フジサン15

バラ・フジサン16

バラ・フジサン17

バラ・フジサン18

バラ・フジサン19

バラ・フジサン20

 

我が家で鑑賞する以外にも、
これはお供え用でもある。

ベランダで育てて、咲かせて、
それを御佛前として定期的にお供えするために。

実はそんな目的と意味も見出して、
俄然気持ちを込めて育てている。

昨年暮れに他界した祖母。
バラが好きだったわけでもないと思うけれど。

今のところ切らすことなく、
祖母の仏壇に花を添えている。

定期的に実家に出向いては。

昔静岡に住んでいた祖母の家に、
小学生夏休み丸々1ヶ月をそこで過ごしたこともある。

家族みんな一緒で富士山や富士五湖めぐり。

懐かしい。

だから富士山にも思い入れがあり、
今年も「フジサン」だけでなく、いろいろな育った花を、
切り花にして祖母に届ける。

 


コメントを残す