ミニバラ グリーンアイス

バラ生活はじめました。

バラ色の生活、ではない。

 

バラといえば園芸界の王道。
ただ手入れが大変そうなのと虫がつきやすいので敬遠していた。

たまたまなじみにしている花屋に立ち寄った際、
とてもかわいくて小さなバラを見つけた。

ミニバラと呼ばれる種類。
ラベルには「グリーンアイス」と書いてある。

店員さんに聞いてみると、

・初心者でも育てやすい
・ミニバラの超ポピュラーな種類
・花の色がピンク→シロ→ミドリと変化していく
・2週間以上は咲いている
・冬でも咲いてくれる四季咲き中の四季咲き

 

そんなこんで俄然興味がわいて購入してみた。
なんとも敷居の低いバラビギナーにはもってこいの一品。

 

ネットで調べてみるとこんな説明。

つる性ミニバラ グリーンアイス Green Iceは、ポンポン咲きの3センチほどの花。季節や咲いてからの時間経過により、クリーム色からみどりに、また、ピンクや赤い縁取りなどの花が咲き、変化が楽しめます。つる性ミニバラ グリーンアイスは、丸弁平咲き、多花性です。四季咲き性に富んでいます。丈夫で育てやすい花もちがとてもよい。切花にも向いている品種です。

樹高0.5mぐらいで、照り葉で、成育が早く、丈夫な品種です。耐寒性があり、屋外で越冬可能です。(氷点下の環境で育った蕾の花に赤い発色が見られます。1971年作出。アメリカ。

 

とにかく”初心者向け”とはどこでも書いている。

病害虫もつきにくい。
つかないわけではない、つきにくいだけ。

 

どうも「盆栽をしています」「バラを育てています」と聞くと、
かなり本格的にやっている、専門的な響きがある。

まだまだそんなレベルじゃないし、
バラの苗もスタンダードなものはやや高価。

さしおりミニバラからはじめてみる。
楽しめればいいのだ。

このまま順調に咲き誇ってくれて、
冬越をしてくれたその日には、

少し自信もつくのかもしれない。
そしてバラ生活がレベルアップする、かもしれない。

 

鉢選びと鉢への植え替えは、もうお手のものになった。

今回もヨーロッパな上品な鉢を選んで、
色はバラが引き立つようにややシックなおさえ気味。

3号ポット苗をふたつ一緒に鉢植え。

ポンポン、ポンポン、ドンドン、咲き誇れ~。

ミニバラ1


コメントを残す