KYな好き心

「私、K介のお嫁さんになりたい」
ある日突然、まっすぐに言われた。

「うん、わかった」と二つ返事したK介。
Y子は目を大きくして喜んだ。

K介は結婚というものがどういうことなのか
わかっているんだろうか。
Y子のことは好きだし、好きな人同士が結婚するんだし、
じゃあいいかくらいにしか思っていない。

その日から妙にY子の目が鋭い。
他の子と話そうものなら、「何話してたの?」と執拗に聞いてくる。
他の子と遊ぼうものなら、もうもう顔をふくらませ憤慨している。
それが大人数のグループでの遊びであっても。

K介としては、みんな大切だし、みんな楽しい。
それをY子に言うと「だから何?」と一蹴されてしまう。
「私たち結婚の約束したよね?」といつものお札(ふだ)言葉がつづく。

こんなことならそんな契り交わさなければよかった、と
少し後悔しているK介。
でも好きな気持ちは変わらないんだけどなあ、ともK介。

そんな些細なケンカの絶えない二人に。
K介はY子に呼び出された。
「私やっぱりK介とは結婚しない」
ある日突然、これまたまっすぐに。

「うん、わかった」と言うしかないK介。
悲しいともうれしいともわからないこの感情。
あまりの簡単なそっけない即答に、ある意味心外だったのか、
Y子は顔をふくらませたまま走っていった。

一気にY子の後ろ姿は見えなくなる。
そしてK介だけが廊下に一人残された。

その時、チャイムが鳴った。
「下校の時間です。1-2年生はお友達と一緒にみんなで帰りましょう。」

帰り道。
同じ下校グループにK介とY子はいた。

Y子が突然K介のところに近寄ってきて、
帽子の上に葉っぱを乗せてきた。

指をさして笑っている。

K介も負けじと、
道端のありったけの葉っぱたちを小さい両手ですくって、
こぼれないように胸で抱え、駆けていき、ちょっと背伸びをして、
Y子の頭の上からめいっぱい降らせた。

赤や黄色のきれいな彩り、紅葉のシャワー。
二人ともけらけらと笑っている。

明日も明後日も、こんなふうに毎日が楽しかったらいいな。
K介は頭と半ズボンの下しか見えないくらいの、
大きなランドセルをリズミカルに揺らしながら、そう思っている。

Y子もきっとそう思っている。

KYな好き心、KYなお年頃、いつの世代も。

e426aa7c2895889f775f39850b47f6e4

 


コメントを残す