ポトス・ステータスのいろいろ

ポトスの王様、ポトス・ステータス。

詳しくは
⇒ ポトス・ステータス にも書いた。

 

たしかに葉が大きく、厚みがある。

肉々しいという表現が適切かわからないが、
葉も茎も厚いというか太い。

そしてすごくゴージャス。

 

以前はあまり成長が早くないイメージがあったのだけど。

他のポトスに比べても、
1本の茎に集中しやすいのか、
1点集中で、そこからどんどん伸びる。

ちょっと不格好になってきたので、
思い切って伸びていたところを切った。

おそらく1-2週間ほど前に。

するともうそこから、
何かに刺激されたように、

新芽がどんどん出てきている。

ポトスステータス 新芽

新芽の先端には水滴も。

実は、1本だけでなく、
伸びていた数本を切って整えていたのだけれど、

その切り口のいずれからも、
水やり後(翌日とか)、
すごい量の水がしたたり落ちている。

水を吸い上げて吸い上げて、
あれ?本来ここに伸びていた葉があったのに・・・

そんなことを思っているのだろうか。

とにかく成長のリズムがあったのだろう。

すごい生命力だなと思う。

 

全貌としてはこんな感じ。
(新芽の出没は右側)

ポトスステータス 2015.9 1

ポトスステータス 2015.9 2

ゴージャスを超えて、たくましい。

半年前はこんな小品だったのに。

ポトス・ステータス
ポトス・ステータス

⇒ ポトス・ステータス

 

ちなみに、
これもポトス・ステータス。

ポトスステータス 鉢

 

ちなみに、
これもポトス・ステータス。

ポトスステータス ジジ

 

やっぱり、
1本だけ伸びやすいのだろうか。

それでもその特徴を活かして飾れば、
なんともかわいらし。

ジジ(魔女の宅急便のネコ)の愛らしさといい、
ヨーロッパな感じに磨きがかかるポトス・ステータス。

 


オリヅルラン・ボニーの生育旺盛

我が家の植物たちが元気すぎて
すっかり花屋さんから足が遠のいている。

枯れないから、買えない。

いいことではある。

 

ちょうど2ヶ月前くらいに、
子株をたくさんつけていたオリヅルラン・ボニー。

あまりにも溢れていたので
増やしてみようと実験。

オリヅルラン 子株

⇒ オリヅルランを増やしてみる

 

なんと4-5苗植えてみたすべてが
見事に根をはってスクスクと成長。

おすそわけもしたけれど、
それでもあまったので植え替えてみる。

オリヅルランボニー 子株 ラピュタ

なんとも弾けまくっている。

これから整っていくのか、
このままワイルドになっていくのか。

 

ちなみに、
子株を取ってすっきりしたはずの、
オリヅルランボニーの今の姿は・・・

オリヅルランボニー 2015.9

どんどん増殖している。

オリヅルランボニー 2015.9 2

元気すぎる。

子株も飛び出し、
ぐるっと鉢を一周するといたるところに子株予備軍。

そして本体?も巻きまくっている。

こんなに生育旺盛だとは思わなかった。

次に子株を刈り取るのは、、、。