専門書:「プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典」 レビュー

安心・多機能・使いやすいプラグインを
目的別に厳選して紹介しています。

「こんな機能があったらいいのに」をプラグインで解決してくれます。

プラグインを活用してWordPressの機能をどんどん拡張すれば、
更新時の作業効率は格段に向上しますし、
画像ギャラリーを作成したり、
ECサイト機能をもたせることも可能です。

公式ディレクトリに登録されているプラグインだけでも
23,000以上だそうです。

そんななかからひとつひとつを試すこともできませんし、
どのプラグインが最適・最良なのかも判断が難しいところです。

 

そんな悩みを一気に効率的に解決してくれるのが本書です。

定番のものから、現場の細やかなニーズに沿ったものまで、
実用的なプラグインを幅広く掲載しています。

 

WordPressコミュニティの第一線で活躍する
エキスパートな執筆陣によって厳選されたプラグイン集です。

詳細紹介が46本、簡単紹介が33本、
計79個のプラグインを紹介しています。

ある意味定番ものが多いのも
初心者や導入部としては助かると思います。

なかなか「こういうのがあったらいいな」的な
プラグインをWeb検索しても、お目当てのものが見つかりません。

ちょっと違う 類似プラグインが多くてどれがいいかわからない ・・・。

そもそもキーワードなどで検索をかけますので、
自分の検索方法・検索ワードが間違っていれば、
得たい情報がヒットしない、ということも起こってしまします。

 

そういうことを考えても、
時間短縮や効率的にプラグイン選びができると思います。

むやみにプラグインを増やすのも
動作や容量上あまりよくはありません。

厳選された目的にあったものが探せると思います。

●どんなプラグインを入れたらいいのかわからない入門編
●どんなプラグインがあるかもあまり知らない入門編
●こんなプラグイン知らなかった中級編

いろいろな対象の方に参考になると思います。
私もほとんどこの本を参考にしてプラグインを10-20個試してみました。

Webサイトなどでも検索をしますと
「ワードプレスに入れておきたい厳選プラグイン15個」などが
たくさんヒットします。

そのほとんどは定番ものですが、
そのほとんどがこの本でも紹介されています。

 

目次から紹介しますと

■Introduciton WordPressプラグインを活用するために知っておきたいこと
WordPressとは/WordPressのしくみ/WordPressプラグインの利用方法……etc

■CHAPTER01 デザイン&UI
Background Manager/Image Widget/NextGEN Gallery……etc

■CHPATER02 ビジネスサイト機能
WP SiteManager/WP Total Hacks/Google XML Sitemaps……etc

■CHAPTER03 エディタ支援
Duplicate Post/wp-flickr-press/TablePress……etc

■CHAPTER04 多デバイス対応
Multi Device Switcher/Ktai Style/Wptouch

■CHAPTER05 ソーシャル系
Feedback Champuru/Facebook/WP Social Bookmarking Light……etc

■CHAPTER06 サイト管理・運用
Broken Link Checker/WP Multibyte Patch/Head Cleaner……etc

■CHAPTER07 ユーティリティ
Auto Post Thumbnail/Yet Another Related Posts Plugin/Search Everything……etc

 

知らない人にはわからない英語ばかりですが、
ある程度ワードプレス実践者には、
おなじみの名前、有名なプラグインが並んでいます。

別書プラグイン紹介書籍「WordPressプラグイン100選」もあります。
プラグイン本としては、本書と上記別書の2冊くらいになると思います。

Amazonレビューや、実際に手にとって内容確認、
どちらか1冊を選べばOKだと思います。

 


コメントを残す